デジグラファー101のお散歩写真


by gogo101studio
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

鹿沼でパリ気分

c0127118_10274212.jpg
噂のお店を見つけました。「フランス雑貨 パスタン」!峠道(至石裂山)の何でここに…。と言う所の道ばたにフランスの国旗。これが目印。好きなんだよねこういうお店。なかなか買えないけど。見てるだけでは収まらず写真を撮らせて頂きました。やさしいいママありがとうございました。
[PR]
by gogo101studio | 2008-09-30 10:35 | お散歩写真

津軽三味線に酔った1日

c0127118_023250.jpg
津軽三味線日本一の遠藤昌宏さんと英莉那さんのライブ取材。津軽三味線を生で聴いたのは今回がはじめて。映画やドラマでかじる程度に聞いたことはあったが、この迫力と繊細さと艶やかさに101は、一発で参ってしまいました。来年の今頃は私もステージに上がっているかもしれません。遠藤昌宏&遠藤英莉那オフィシャルサイト
[PR]
by gogo101studio | 2008-09-30 00:16 | お散歩写真

いろいろありましたが

c0127118_630927.jpg
あの後にもいろいろあったホテルでしたが、夜が明けてみると、目の前はこんなにきれいな景色が当たり前の様にありました。
[PR]
by gogo101studio | 2008-09-26 06:32 | カメラ

…今日のお部屋

c0127118_20531265.jpg

仕事がらいろいろな所に宿泊するのですが、まれにちょっとヤバイなと感じる部屋があります。例えば三畳位の部屋ですでに布団が敷いてあってその布団がしっとりと湿っていたり、ある部屋はガッチャンチャンネルのテレビがひとりでにガッチャンガッチャン回ったり、宿の夫婦が歌舞伎の衣裳を着て見栄を切っている写真が飾ってあったり、そしてそんな部屋の隅には古い三面鏡が置いてある。そして今日は撮影したホテルが満室のため近くのホテルを紹介された。アジアン○○○ホテル。アジアンの部屋を想像してホテルに入ると従業員みんなインドの方の様だ[たぶん?]廊下がいや建物全体がカレーの臭い〓。部屋の前の廊下は真っ暗。どうしてだろう。部屋のドアを開けるのが怖かったが勇気を出して開けてまたビックリ。20畳位のだだっ広い正方形の部屋にシーツの無いダブルベットとアジアンな籐のリビングセットがあるだけ。トイレもテレビも無い。静か過ぎる部屋。さっきから背後の壁が時々ビシビシ音をたてている。その度にビクッとして振り向くけど白い壁があるだけ。参った。こんな時、僕は特技を生かして対象することにしている。酒を呑んで横になるだけ5
分もあれば
遠い幸せ世界にいける。はず…。今気が付いたがベットの横に水溜まりが…。雨漏りだ。何なんだこの部屋。明日もこの部屋に泊まるの?参った。だけど朝早いから呑んで寝ます。それでは。
[PR]
by gogo101studio | 2008-09-22 20:53 | お散歩写真
NHKの風林火山の題字で有名な書家の柿沼康二さんのパオーマンスを取材してきました。
c0127118_18295935.jpg
ここ数年の間でここまで圧倒されたことがあっただろうか。でかい筆、漬物樽に入った墨汁。これだけでも圧倒だが柿沼さんの気迫!4mx3mの白い布に一気に書き上げる気迫と集中力!実際書いている時間は3分前後なのだがファインダーを覗いていたからなのか、あっという間だったような気がする。書き上げた柿沼さんは抜けがらの様になっていた。すべて抜けきったような出し切ったような。書いているときが真っ赤なオーラだとしたら、書き上げたあとは青白くゆらゆらとしたオーラが見えたようなそんな感じだった。自分自身こんな激しい瞬間、燃え尽きる瞬間があるだろうか。刺激的な1日だった。
[PR]
by gogo101studio | 2008-09-07 22:12 | お仕事